VRChat 2018.4.3がリリース!アバターやワールドを自作している人がUnity2017.4.15に移行する際に注意するべきこと

VRChat

姉さん事件です!

VRChat2018.4.3がリリースされたみたいです。

Oculus Storeでもリリースされたのは非常におめでたいですね。

今回、VRChat2018.4.3ではUnityのバージョンが5.6.3p1から2017.4.15f1LTSに上がってます。

そのメリットや、すでにVRChat SDKを使って自作のアバターやワールドをアップロードしている人が2017.4.15f1LTSに移行する時の注意点などまとめてみました。(実際に試した結果は後日、改めてブログに書きます)

目次

Unity5.6.3からUnity2017.4に移行するメリット

たくさんの新機能やツールが追加、バグ修正、改善がなされている

Unityではバージョンアップのたびに、ついていくのが大変なほどの新機能やツール、バグ修正がなされてます。

Unity5.6.3P1からUnity2017.4までに追加、改善された機能はこちらで確認できます。

 

Unity2017.4はLTS(Long Term Support(長期保証))

Unity2017.4はLTS(Long Term Support)版なので2年間はサポートされます。将来的なアップグレードを円滑に行うために2017のLTS版を採用したようです。

LTSの詳しい説明はこちら

 

具体的には

UnityのVideoコンポーネントのAudio/Video syncのバグフィックス≒VRC_SyncVideoPlayerの改善

Unity2017.4以降が対象となっていたUnity Assetが使用可能に。

次のLTS版への以降がより円滑になる

 

 

自作アバターやワールドをアップロードしていた人には移行作業が必要

移行作業が必要になる理由

Unityはシェーダーやレンダリングパイプラインが頻繁にアップブレードされる≒コンテンツのシェーダーが壊れることが多いそうです。

 

自作ワールドを作っている人が注意すべき点

5.6.1p1のBlueprint IDと同じものを使うことを推奨
ワールド内にミラーを設置している場合

5.6のミラーは2017.4では正しく機能しないみたいです。

ライトをベイクしてシーン内で使えるようにしている(enable)
Unity5.6.1でReal-time GI(Global Illumination)をシーン上で使えるようにしている人

5.6で作ったワールドを2017.4のクライアントで使うとリアルタイムGIが機能しないみたいです。(2017.4で再アップロードで解消)

ワールド、もしくはアバターでオブジェクトの回転に影響するアニメーションを使っている

(2017.4で再アップロードで解消)

テクスチャのインポートセッティングすでCrunch Compressionを使っている

unity5.6のCrunchで圧縮されている場合、Unity2017.4のCrunch Compressionで再アップロードされるまで、テクスチャーは黒、もしくは見えなくなるようです

Crunch Compressionとはテクスチャの容量を減らすのにかなり役に立ちそうです。

テラシュールブログ【Unity】Unity 5.1で追加された機能で個人的に気になった部分まとめ

 

自作アバターをアップロードしている人が注意すべき点

アバターのBlueprint IDは上書きしてはいけない

不具合で5.6のアバターが上書きされてしまうらしく、新しいBlueprintIDでアップロードするのがよいみたいです。(近々試して見る予定です。)

※この問題は把握されていて修正する動きがあるようです。

現在Unity2017.4.15f1 LTSで確認されている問題と回避策

VRChatを起動しているときに、デフォルトのレコーディング機器からマイクロフォンを切り替えてはいけない

VRChatを起動する前にマイク周りの設定を終わらせておきましょう。

VRヘッドセットを使っている場合は、SteamVRで自動的に設定できるとのこと。

アバターの場合、既存の5.6のBlueprint IDで2017.4のアバターをアップロードすると、5.6のアバターが上書きされてしまう

新しいBlueprint IDを使ってください

最後に

プロジェクトをインポートする際は、バックアップをとっておくことをお忘れなく!

 

参考にしたサイトはこちらの記事

VRChat Upgrade to Unity 2017.4

 

スポンサーリンク